●ご予約はお電話にて各サロンで承っております。
 
 
メニュー&料金表一覧 キャンペーン情報 お客様のお声 ル・キヤのネット通販 TV雑誌掲載
 アイスペシャリテ®メニュー
 
 Love Aging ケア 
 他メニューと同時予約可能
 
 ブライダル トリートメント
 心斎橋本店
 
 
 

ル・キヤ会員様も
お友達もお得な紹介カード

ご紹介を受けたお友達・ご家族の方は1,000円OFF!
ル・キヤ会員様ご自身も特典あり。お得なご紹介サービスをぜひご利用下さい >>>
 
HOME>久山先生のビューティーコラムvol.5
<<最新コラム ...... | vol.5 | 前へ>> vol.4 | vol.3 | vol.2 | vol.1 |
vol.5  ありがとうございます。   −2007年8月-
 
     
今月大阪本店および梅田ハービスエント店にてアンケートをいただきました。大変多くのうれしいお言葉を頂戴しました。まずは感謝をこめてお礼申し上げます。ありがとうございます。  
12年前、大阪でお客様もなにもないところから始まり、今春、東京丸の内店が完成し、全国紙やTVなどさまざまに取り上げていただく幸運、ここに多くの皆様とのご縁にお礼申し上げます。たった一人のオーナーサロンというスタイルでいたころから、心の使い方を常に問い、自分の状態を反省しながらこれまで従事してまいりました。お客様にご意見をいただいた際には、果てしなく落ち込みもしますが、伝えていただいたことに感謝いたしております。  

それでもまだ人生の修行真っ只中にあり、スタッフも増え、さまざまな出来事と格闘する毎日ですが、起こってしまう失態について考えさせられます。
どのときにもお客様を最優先で行動してきましたが、うまくお伝えできなくて、誤解を招く事態もございました。あってはなりませんが、実際に不愉快な思いをさせてしまったお客様には、こころからお詫び申し上げます。
全スタッフにあらためて呼びかけ、店長を頭に一日一日を成長の日々にいたしてまいります。なにとぞよろしくお願いいたします。

   
   
先日またタイへ出向かせていただきました。
「こころ癒される国」と私にはインプットされたこの国で、日本人の初心に戻る心地を感じます。
いろいろな場面はありますが、ほぼどこへ行っても(サービス業は特に)、柔らかな微笑みをもって両手をあわせ、目を合わせてご挨拶の「コップンカー」がなんとも耳に優しい声の出し方で響いてきます。
この動作に思わず手を合わせて返事をする、自然な動作が生まれます。 あとに続く声色もいつも(偶然だか)穏やかで、威圧感も感じたことがないのです。
  この瞬間よぎったのは、私たちは技術は当然ありき・・・の上で、大切に扱われる、大事にしていただける心地よさを、提供しなければならない仕事なのだと、わかっているのか?!と問いただされるような感覚でした。

 
     
     
  私事ですが、3ヶ月前母が亡くなりました。はじめてその果てしない寂しさを知りました。
幸い仕事という毎日を送っているので、平穏を保てましたが、なんてことでしょう・・・、取り戻せない母を思い、いまだに涙があふれることもしばしば・・・・。
誰しもにこんな悲しいことが起こるなんて、胸が締め付けられる思いがします。
古いアルバムに記憶もない遠い昔、大事そうに母に抱かれている自分を見て、「こんなに大事にしてもらってたんだ」とあらためてあ・り・が・と・う をいっていました。
 
 

さまざまに人生は違いますが、命を頂き大事に育てられ、でも多くは日々の喧騒の中忘れがちなその感触を、届かなくても届けていこう、そのためには・・・の多くの課題を網羅しながら今この時間をすごさせていただいています。
そしてまた、私たち自身もたった一回のいのちだと・・・
本当に終わりは誰にも来るのだと、ならばがんばれ、何かさせていただけるのならしてみよう。まだがんばれる。そう考えたら、悲しい思いと同じくらいのファイトが沸いてきました。
ありがとう。すべてのことにありがとうございます。

 
       
       
私たちのような仕事を目指す人に・・・・・・
この仕事は難しいのです。人を大事にすることは難しい、自分に余裕がなければ、心もギューギュー、考えることも行動も優しさのかけらもなくなってしまう。人を攻めるばかり。
技術はキャリアの積み上げと、センスです。接客は、どうおもてなしをして差し上げたいと考えるか、大事にされることの心地よさはどんな・・・・を知ることです。
人の立場にたってものを感じ取れるかどうか・・・・といったほうがいいでしょうか?
そのときそうされたら、そういわれたら、すべてのものさしが自分ですが、そう考えられる人は、あまりものさしのメモリがずれているとは考えにくいと思います。

  サロンはお客様のためのスペースです。どんな場合も主役は自分ではない、私たちはあくまでも技術を持ったホストです。気が利くホストで引っ張りだこになりたいですね。一層の美しさを提案し完成させてしまうクリエイターになりたいですね。
だから大変な仕事なのです。それでも私はやってみせるというハングリーな精神の持ち主は、ぜひやってみてください。常に挑戦できる舞台を持つことは、大変ですがたのしくもある。
 
  困難であればこそ価値がある。誰にでもできることは「私」でなくてもいいわけですね。
仕事だけではなくすべてに共通かもしれません。
私はだれかのために生きるというDNAのもとに生かされているようなので、このような考え方ですが、さまざまな考え方があって当然です。今ここは私が好きにお話していい舞台なので、遠慮なく考えをつづっています。不出来だからこそ、いつも落ち込み反省しながらの毎日を、いつか人生の終わる日が来るまで、続けて行きたいと思います。

 
     
     
これまでのル・キヤを引き立てていただいて心から感謝申し上げます。
またこれからのル・キヤをもっと成長させたいと考えています。
一人ひとりのスタッフも考え行動をともにし、努力を重ねております。
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

2007年 8月

追伸
今回のタイ紀行には続きがありました・・。
Dr,ナリニーとの出会い・・・続行編を後日ご紹介いたします。


 

 

  ●バックナンバー  
   
    【vol.4】  
  プロフェッショナル・ビューティ・ロンドン
2006秋より
 
   
    【vol.3】  
  『UVケア』皮膚科学総会より  
 
 
    【vol.2】  
フォーラム『ESTETICA VIVA』2005
 
 
    【vol.1】  
タイのBeauty & SPA を拝見
 
 
 
ル・キヤ フェイスブック
ル・キヤ・ツイッター
ル・キヤのアメブロ
© 2014 Le-kiya & Le-kiya Eye Specialite